↑LINEで記事の更新通知が受け取れます。


カナコ「あまりにむかついたから
その女に水かけてやったんだよね笑」


え、


カナコは一体何を言っているの?


騙されていた上に
その妻から水をかけられる
なんて有り得ないだろう。


👩「ちょっと待ってよ。

その女性は旦那さんを
独身だと思っていたんでしょ?

既婚者と知った上で
不倫していたのとは訳が違うじゃない!!

責めなくちゃいけないのは、
その女性じゃなくて旦那さんでしょうが!!」


私がいきなり大声を出したので
カナコがびっくりして私を見ている。


私は既にその女性に
感情移入してしまっていた。


そして、カナコの手が
かすかに震えていた。


カナコ「さぁね…。


女は旦那が既婚者だと知らなかったって
言っているけど、どうだろうね?

本当は知っていたんじゃないの?
いい年していて気付かない訳なくない?」



カナコもヒートアップしてきたので
バーテンダー、周りのお客さんも
私達に注目して見ているのが分かる。


いや、ここまできたら
人の目なんか気にしていられない。




間違っている物は違うと
訂正をしなければ
気がすまない。


でないと私が傷ついた事、
今必死な思いで戦っている事まで
否定されてしまう気持ちになってしまうからだ。


👩「そもそもさ、
出会いは婚活アプリなんでしょ?

普通の女性なら、
既婚者が婚活アプリにいるなんて
思わないと思うけれど」



カナコ「でも、出会いはそうだったとはいえ
一年も付き合っていて、普通の女性なら
相手が既婚者だって気付かない訳なくない?」


残念ながら、
既婚者は既婚者という事が
バレない様にに 巧妙な嘘を
平気でついてくる。


旦那さんだって
わざわざチャイルドシート外して
バレない様に工作していたじゃないか。



旅行までしていた不倫を
妻が気付けなかったのに、

付き合っているだけの彼女が
どうやって既婚者だと気付けるというのだ?


カナコ「気付いてない訳は絶対にない。

絶対に許さない!

女に慰謝料請求してやろうかな」



ランキングに参加しています
↓応援、共感していただけたら
↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ







サッカーさん以前の婚活は↓に書いています。

こちらも読んでいただけると嬉しいです♡
時系列は、婚活図鑑→男性不信→サッカーさん