↑LINEで記事の更新通知が受け取れます。


今期のドラマがとても豊作なので
ドラマ好きの私にはとても嬉しい日々です。


3話でドハマりしてしまったのが
『凪のお暇(いとま)』です。

IMG_4109


元々金曜TBSの22時枠のドラマは
上辺だけのドラマではなく、

人の心の闇を上手く描いているドラマが多いので
私が大好きなドラマ枠なのです。



観ていない方の為に簡単に内容を説明します~


凪(黒木華)は28歳の派遣社員。
自分に自信がなくとても引っ込み思案な女の子。

同僚女子にマウンティングをされ馬鹿にされても
何も言い返す事が出来ない日々。


そんな辛い毎日を癒し、
元気をもらえる唯一の存在が、

社内の営業部のエースで
みんなの憧れの存在の慎二(高橋一生)と
内緒で付き合っているという事だ。


IMG_4113



しかし、突然事件が起きる。

慎二が社内の男性と
「彼女とはアッチ(夜)がいいから付き合っているだけだ」
と話しているのを偶然聞いてしまう。



ショックを受け過呼吸になってしまう凪。
そして凪はその日を境に会社を退職する。


人生に疲れ果てた凪は
今まで住んでいた都心のマンションを引き払い、
郊外の立川のボロアパートに引っ越し
しばし、お暇(いとま)する事に。


そのアパートは
今までのマウンティングばかりの
ドロドロとした人間関係とは
無縁の自然で心の豊かな住人ばかりであった。


特に注目なのが、隣人のゴン(中村倫也)だ。
彼は腕に入れ墨が入っていて
パーティーオーガナイザーという
パリピ的な人種だ。

IMG_4111


凪は初めは人種が違うと怖がっていたが、
ゴンの内面の温かさと

今までは、気を張ってばかりの毎日だったが
ゴンのゆる~く飾らない性格に惹かれていく。


凪は自分に自信がなかったから
スペックがいい慎二と付き合って
自分の承認欲求を満たしていただけで、

慎二のどこが好きだったのか
分からなくなり、慎二をふる。


そして凪の飾らない姿でも受け入れてくれ
理解してくれるゴンと遂に一線を超えてしまう。


あの3話の名シーン
ゴンの「おいで」は日本中の
女子をときめかせ発狂させたに違いないッ!!



IMG_4112


私もあのシーンで
一気にゴンにハマってしまった。
中村倫也の色気がすご過ぎる...♡


中村倫也って
ものすごいイケメンではないのに、
役柄によって全く別人になるカメレオン俳優で
色気が凄まじいので特に注目してます。



ここまでが、3話までのあらすじだ。


慎二は今まで凪に対して
モラハラ発言ばかりしていて
私は大嫌いだった。


しかし、3話目で
慎二は実は機能不全家庭で育った事が分かった。


実は自分に自信がなく、人の顔色ばかり窺って
自分が傷つかない様に立ち回っていなければ、

自分を保てない心の闇を抱え
苦しんでいる事を知り応援したくなった。


2話までは、慎二役は高橋一生ではなく
もっと若手の俳優さんの方がいいかも…
と思っていたが、

凪が突然、会社に会いに来た時の
隠せない嬉しさ、

ふられた時のショックな
気持ちを必死で隠そうとしている
あの名演技は、高橋一生にしか
表現出来ないと思った。



これから凪が

慎二(モラハラ、素直になれないが凪の事が大好き、スペックよし)と
ゴン(人たらし、モラハラ製造機、自然体居心地がよい スペックなし)

の間でどの様に揺れ動くのかが楽しみだ。


恋愛をしていると、
よく綺麗になったと言われるが
あれは、幸せホルモンが放出されているせいだ。


これは、ドラマや好きなアーティストで
ときめいても幸せホルモンは放出され、
恋愛している時と同じ効果が得られる。


最近恋愛していない女子は
是非『凪のお暇』を観て
キュンキュンして
幸せホルモンを活性化して欲しい。


ランキングに参加しています
↓応援、共感していただけたら
↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ