↑LINEで記事の更新通知が受け取れます。




婚活市場には既婚者が混じっている事が、悲しいけど多い現実があります。

今回は既婚者に騙されない方法について何種類か書いて行きます。



結婚相談所を利用しましょう 

既婚者に騙されくなければ、やはり結婚相談所に入会する事が一番安全です。


結婚相談所は、独身証明証の提出が必須なので、
既婚者が紛れ込んでいる心配はありません。


◇パートナーエージェント

<オススメポイント>

・成婚率が28.6%と業界No.1(業界平均水準は10%程度) ・一年以内の交際率は93.2% 専任コンシェルジュを中心とした、サポートチームが 会員をサポートし、お悩みや適切なアドバイス対応が きちんと行われている為、これだけ高水準な成婚率、交際率を上げています。



婚活は孤独な戦いです。サポート体制が
しっかりしているのはとても心強いですね。


エン婚活エージェント

<オススメポイント>
・始めやすい価格設定
(かかる費用は登録料9800円と月会費12000円のみ)
・成婚料が発生しない
・全額返金保証





費用が比較的安価なのは、結婚相談所が初めての方にも
最初の一歩が踏み出しやすいですね。
万が一、三か月以内にコンタクトが成立しなければ、
登録料、月会費を全額返金制度があるのも安心できますね。


◇ゼクシィ縁結びエージェント

<オススメポイント>
・2018年オリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキング1位獲得
・業界水準3分の1の料金を実現(初期費用・お見合い料・成婚料不要。)



2015年サービス開始にも関わらず、既に紹介対象会員数は27700人を突破。
ゼクシィならではの豊富な情報量と、高いマッチング率を実現
登録された会員の8割が1か月以内に、ファーストコンタクトが成立しているそうで
スピーディーにお見合いを進めたい方にオススメです。




独身証明書が提出出来るアプリを利用しましょう



婚活アプリには任意だけど、独身証明書が提出出来るアプリがあります。

真剣に婚活されている方は独身証明書を提出している方が多かったです。

以下のアプリは独身証明書の提出が出来ます↓


日本最大級のネット婚活『ブライダルネット』



ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。

独身証明書を提出している方とやり取りをする様にしましょう。

友人に紹介してもらう



親しい友人の紹介なら、まず既婚者という事は考えづらいです。
日頃から紹介を頼んでおくと、忘れていた頃に
ひょんと紹介話が舞い込んでくることも♬

証明書を見せてもらう



上記以外で出会った場合で、不安な方は独身と証明するものを見せてもらいましょう。

独身を証明する物

◇戸籍 全部事項証明書(戸籍謄本)
取得方法
・本籍地のある役所に出向き窓口で申請する

・本籍地の役所宛てに郵送で取り寄せ請求をする
申請に必要な書類、申請書は役所のホームページに記載されています。

・コンビ二で発行する
コンビニ導入をしている市町村であれば、コンビニでも発行する事が出来ます。

コンビニ交付をしている市町村は以下のサイトから調べる事が出来ます。
コンビニ交付


◇独身証明書
取得方法
・本籍地がある役所の窓口で申請する
・本籍地がある役所に郵送で取り寄せ請求をする

独身証明書は照れ臭いのもあり、郵送で取得する方が多いです。


まだお付き合いしていない段階で、証明書を提出して欲しいとはなかなか言い出しずらいですよね。

ですが、お相手ときちんと将来を考えたいから不安な気持ちを取り除いて欲しいと、真剣にお話すれば、誠実な男性ならきっと気持ちに答えてくれると思います。

既婚者が多い出会い場所



・スタンディングバー
・相席屋
・ライトなアプリ→男性も無料のアプリは手軽に始められる分、不純な動機の男性が多いです。
・セキュリティが甘いパーティー→外でナンパするより、成功率が高く効率がいいからとのこと(パーティーに潜んでいた既婚者談)



せっかく幸せになる為に婚活をしているのに、
既婚者に騙されて
無駄な時間と傷を負いたくないですよね。


是非参考にして誠実な男性と巡り会って下さい。


ランキングに参加しています
↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ