↑LINEで記事の更新通知が受け取れます。



温泉旅行で感じた違和感を
サッカーさんに直接聞いて、
反応を見てみる事にしました。


また華金仕事帰りに
サッカーさんとご飯へ行く。


今回は、
込み入った話がしたいので
個室の和食屋さんを私が予約しました。


念の為、
ボイスレコーダーをカバンに忍ばせて、
本当はこんな事したくないんだよ‪。


録音した会話が
使う事がない様にすみますように…


サッカーさんが少し残業になったので
お店の席で今日は待ち合わせ。


👨「お疲れさま~遅くなってごめんね」

👩「大丈夫だよ。残業お疲れ様でした」


たわいもない話をしながら
話を切り出すタイミングを待つ…



うん。


聞きづらいな…




いやいや、
このままモヤモヤして
見て見ぬふりする方が
後々よくないと思う。


怪しい芽は早めに摘まないといけない!




よし、聞くぞ!


聞くわよ!!





👩「あのさ、サッカーさんに
聞きたい事があるんだけど」

はぁ…
ドキドキする。


👨「ん?何?」

👩「.......サッカーさんって本当に独身なの?」

👨「え、もちろん独身だよ。なんで?」



👩「私からかけた電話にほとんど出ないし」

👨「ごめん寝てたりした時は出れないけれど、
気付いたら折り返ししてるよね?」

👩「それって折り返し出来る状況になったら
折り返ししてるって事だよね?」



沈黙…


空気が重い…




👩「あと2年前にB区に引っ越ししたって言っていたのに、
4年前更新の
免許証では、
既にB区の住所がなぜ載っているの?」

👨「あれ?そうだっけ?
B区に引っ越ししたのは4年前だよ」



👩「そっかぁ…」

👨「マユリちゃんが男性不信気味という事は
理解した上で付き合ったけど、

電話に出なかった、
引っ越しの時期の言い間違え位で

こんなに責められたくないよ。

これ位で疑っている位じゃ
今後の付き合いも長続きしないと思う」



👩「ごめん。
私もサッカーさんの事好きだから
こんな事言いたくないし
疑いないたくし、信用したい。」

👨「疑われる様な事していないんだけどね…」



また沈黙...

今度は長い沈黙だ。



👩「信用出来る材料が欲しいよ。
安心する為に独身証明書を取ってもらえないかな?」

👨「独身証明書?何それ?」



👩「区役所で発行している
独身を証明する
公的な書類だよ」

👨「……いいけど。
その、独身証明書を取ったら、きちんと信用してくれる?」


👩「うん。信用するよ」

👨「...分かった。じゃぁ取るから次会った時に見せるね!」

👩「ありがとう。嬉しい」


引かれる事を覚悟の上で
独身証明書の提案をしたけれど、
サッカーさんが独身証明書を取って
くれることになった。


勇気出して聞いて本当によかった。


念の為会話を録音したけど、
これはいらなくなりそうだな...。


ランキングに参加しています
↓クリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ